ヨガウェアを着用する際の注意点

最近では、芸能人だけでなく一般人の多くの方がトレーニングジムやヨガに通っています。

一般的にトレーニングジムでは身体を鍛えることを目標とされていて、ヨガでは身体の柔軟性を高め血の巡りを良くして健康効果・美容効果・細身効果などを期待することができます。大きい筋肉をつけたくないという方や激しい運動が苦手な方に人気のあるヨガは、女性を中心に人気の高いスポーツです。ヨガに通うにあたって必要不可欠なヨガウェアは、様々なブランドから販売されています。

ヨガはおしゃれなスポーツというイメージから、おしゃれなコーディネートを優先しがちですが、着心地が悪ければせっかくのヨガを楽しめなくなってしまいます。ヨガはゆったりとした動きが特徴ですが、足を大きく開脚したり背中をそらす等の身体を大きく動かすポーズが沢山ある為、ヨガウェアの着心地に問題があれば思ったように身体を動かすことができません。特に、生地の伸縮性が少ないものや、ダボっとしすぎる服装は避けたほうが良いでしょう。柔軟性を必要とヨガには伸縮性のない服装は適しませんし、ダボつく服装はポーズをとる際に生地が邪魔になる可能性があります。

おしゃれなヨガウェアと言えば、ストレッチパンツにスポーツブラを着用するだけの露出の多いコーディネートが人気です。露出度の高いウェアに抵抗がない人であれば、このような組み合わせに憧れを抱く方も多いかもしれませんが、着用する際の注意点として、サイズ感に気をつけるようにしましょう。ストレッチパンツが小さかったり大きかったりすると、動いている時に股部分が下がってくる可能性があります。又、スポーツブラのサイズが合っていないと、腕を上げた時などにブラが上にずり上がる・締め付けが痛い・中央に寄せた胸が横に流れていく等のトラブルを引き起こす可能性があるので気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *